北海道 南 部(一部 東北北部)

十和田湖・奥入瀬(途中、立ち寄った東北は十和田湖・奥入瀬の紹介です)

2008年6月16日 (月)3日目
今日で3日目、心配していた車中泊もぐっすり眠れる。
途中、十和田湖と奥入瀬を中心に東北の北部を散策。
この日は、朝方まで雨が降っていましたが、幸いに9時頃から青空が見えてきました。

駐車場のある石ヶ戸休憩場から子ノ口間約9kmを三脚を持って出発する。  

十和田湖

十和田湖

奥入瀬

奥入瀬渓流 奥入瀬渓流 奥入瀬渓流 奥入瀬渓流 奥入瀬渓流 奥入瀬渓流 奥入瀬渓流 奥入瀬渓流

北海道 南 部

6月17日(火)4日目 走行距離 889km

 出発して4日目 今日は快晴です。
昨夜は道の駅「浅虫温泉」で車中泊。
建物はビル型で展望浴場がありますが、すぐ前のpが狭い。

少し離れたところに2ヶ所ほどPがあり海岸よりのpにお世話になる。

翌日、05:00起床し08:00頃、青森港東日本フェリーターミナルに着く。ターミナルビルは新しく空港にある搭乗ゲートみたいな施設もある。今回は、高速船「ナッチャンRera」を予約してあります。
出港まで時間があるので周辺を散策する。

このホームページを作っていた2008/09/05頃だったか地元新聞に『東日本フェリーが津軽海峡航路から撤退』と 報じられていた。

2009年9月現在、姉妹船「ナッチャンWorld」が津軽海峡フェリーで
運行されています。

ナッチャンRera ナッチャンReraの乗船券 青森港:乗船を待つ ナッチャンRera:エクゼクティブクラス客室 ナッチャンRera:エコノミークラス客室 ナッチャンRera:後部デッキ 航跡 函館の町が近づいてきた

函館・竜飛海底駅・竜飛岬

 函館港に着くと早速、検問を受ける。
7月7日から開催される「洞爺湖サミット」の為、警察は警戒態勢を取っているみたいです。
函館駅西駐車場に車を預け事前に調べておいた、近くの朝市にあるむらかみのウニ丼を食べに行く。

ウマ~イ!ウニが口の中にとろける(涙・・)

私一人になったので店員さんと話が弾んだ。
「どこから来た・どこへ行く・一人で贅沢な旅だ」ナドナド・・・
久しぶりに会話らしい会話でした。


駅周辺を散策して、今晩お世話になる道の駅「なとわえさん」に向かう。

 

6月18日(水)
以前から興味があった青函トンネル竜飛海底駅と竜飛岬の見学です。
函館駅⇄竜飛海底駅  電車の旅です。
Google Earthで函館駅周辺を見る。
JR北海道 函館支社→竜飛海底駅見学の案内
All About→開業20周年の青函トンネル・竜飛海底駅

函館朝市:むらかみのウニ丼店 むらかみのウニ丼 むらかみのウニ丼 青函トンネル内部 青函トンネル 竜飛海底駅 竜飛海底駅:風門 竜飛海底駅 竜飛海底駅 竜飛海底駅 竜飛海底駅 竜飛海底駅 竜飛海底駅 青函トンネル工事殉職者慰霊碑 津軽海峡冬景色の歌碑 階段国道 竜飛岬

青函トンネル記念館(福島町)・北島三郎生家・横綱千代の山、千代の富士会館

青函トンネルヒストリー 水との戦い 青函トンネル解説 青函トンネル解説 青函トンネル解説 青函トンネル解説 青函トンネル銘板 青函トンネル北海道側出入口 北島三郎生家 北島三郎生家 横綱千代の山、千代の富士会館 千代の富士断髪式 千代の富士:国民栄誉賞