尾瀬:草紅葉-1

尾瀬
この地図を大きく見る(pdf形式 383kb)

《2011年10月9日~10月13日》

10月9日(日)

 早めに昼食を終え自宅を12時半頃出発。

今夜は関越道沼田IC近くの道の駅「白沢」で車中泊し翌日からの尾瀬行きに備えます。ゆっくり走っても夕方5時頃までには到着の予定。

---------------------------------------------------------

 この道の駅は車中泊の車が多いのに驚きです。明日が体育の日で休日と、それに有名観光地に近いこともあると思います。又旅の帰りの観光バスがこの道の駅によく入って来ます。目的は温泉があるからです。汗を流してサッパリし家に帰る・・・ツァーに良く組み込まれています。

尾瀬1日目
この地図を大きく見る(pdf形式 384kb)

[1日目] 10月10日(月)体育の日

 朝5時起床。天候はこの先2・3日晴れ時々曇りの予報です。

約40km先のある戸倉駐車場に向かう。第一駐車場は280台中7割の入りでした。

この駐車場は自動ゲートで24時間毎に\1.000かかります。

ここから、乗合バス&乗合タクシーで鳩待峠に向かいます。どちらも片道¥900で約30分かかります。

今回は乗合タクシー(1BOXタイプのタクシー)で人数が集まれば出発です。

今日は鳩待峠から東電小屋までのコースです。

⇩ 画像をクリックしますと拡大し簡単な説明文があります。

鳩待峠 山の鼻へ 至仏山 大雨の跡 山の鼻 川上川 至仏山 木道流出 池塘と燧ヶ岳 ヒツジグサ 紅葉 東電木道敷設 木道と燧ヶ岳 尾瀬の木道は右側通行となっています。 池塘 燧ヶ岳を望む ヨッピ橋付近 テントウ虫 紅葉 紅葉 紅葉 ススキ 熊よけ鐘

尾瀬ヶ原  尾瀬ヶ原

尾瀬と東電

上画像は東京電力「尾瀬からの
招待状」よりお借りしました。

この地図を大きく見る(pdf形式 44.2kb)

尾瀬と東京電力

尾瀬=湿原は日本人なら誰もが知っていることです。その日本が誇る尾瀬と東京電力が一体何の関係があるのか?

今は原発事故で悪者になった東京電力ですが実は尾瀬国立公園の40%(特別保護地区の70%)が東京電力の所有地なのです。(以前ダム建設計画があった)尾瀬=湿原の維持管理に金をつぎ込んでいるんです。(年間約2億円を拠出しているが尾瀬は無料で開放されており収入はほとんどない。)尾瀬では正義の味方なんです。・・色々な意見がありますが。

その東京電力ですが、原発事故の対策費用を捻出するために売却案が浮上しましたが、群馬県等の反対で売却せず「入山者の安全確保のため、責任を持って最小限の維持を行っていく」 と群馬県知事に回答があったそうです。

しかし、この問題は流動的であるらしい。


関連ホームページ:東京電力:尾瀬からの招待状

         財団法人:尾瀬保護財団

         読売オンライン (2011/04/30記事)