北海道 北 部

6月25日(水)12日目 走行距離 1.849km
きのう小樽を出発、途中一泊し長い日本海沿いを今日の予定地、

道の駅「てしお」に向かう。

北に行くに従い、ガソリンスタンドはポツン、ポツンしかない。

高い安いとかいっておれない。常に燃料計を確認する必要がある。

途中、給油なんと¥185/リッター(ハイオク)だった。

ここではサロベツ原野、野寒布岬、稚内、礼文島~利尻島それに宗谷岬です。

礼文島から見た利尻山


サロベツ原野

 道の駅「てしお」から道道106号を稚内に向かって走ると30分ほどで風力発電の風車が目に入る。
28基の風車が道路に沿って一列に並んでいる。
「サロベツ原野駐車公園」に車を止め道路を挟んだ風車群に近づくとオトンルイ風力発電表示装置が
ありました。

一般家庭が1年間に消費する電力の1万世帯分を発電するそうです。

表示板には風速11m/s、気温9.5℃とある。6月下旬なのに寒い。

風が強いので体感温度はもっと低い。

この道道106号線は稚内近くまで、まわりに電柱もなく真っ直ぐな道が続く
もっとも北海道らしい道路である。


オトンルイ風力発電風車群をGoogle Earth で見る。

風力発電風車群 サロベツ原野駐車公園 オトンルイ風力発電表示装置 北緯45度モニュメント 浜理パーキングシェルター 道道106号線 風力発電風車群 "幌延ビジターセンター横の鉄塔

オトソルイ風力発電風車群

風力発電風車群

サロベツ原野360度パノラマ

サロベツ原野360パノラマ

礼文島・利尻島

6月26日(木) 13日目                       

 稚内港から礼文島に渡る。
フェリー運賃は稚内→礼文島→利尻島→稚内で¥39.540 だった。
車両持込みですが距離の割に高く感じた。

礼文島では久種オートキャンプ場をベースにしトレッキングコースなどを回り

キャンプ場で洗濯などをしながらのんびり過ごす。(2泊)

利尻島はド~ンとそびえ立つ利尻山がメインです。
私の場合は登山の予定がなかったのと天候はイマイチで消化不良でした。
道の駅はなく「駐輪駐車公園」が2ヶ所程あり、そこの大磯でお世話になる。

野寒布岬 野寒布岬 礼文島スコトン岬 久種オートキャンプ場 昆布を乾燥させている 澄海岬 トレッキングコースの柵 桃岩 利尻空港からの利尻山 沓形岬 利尻→稚内間のフェリー車両甲板

礼文島 久種オートキャンプ場

久種オートキャンプ場

礼文島 トレッキング4時間コース

礼文島トレッキング4時間コース

礼文島 トレッキング4時間コース

礼文島トレッキング4時間コース

礼文島 トレッキング4時間コース

礼文島トレッキング4時間コース

礼文島 桃岩展望台360度パノラマ

桃岩展望台

利尻島 見返台園地展望台からの利尻山 

利尻島:見返園地

稚内・宗谷岬

稚内では開基百年記念塔、稚内公園などを回り宗谷岬に行く。
日本最北端とはいえ6月29日で気温が8℃とは半端じゃない。そういえば18年前の5月の連休に来たときは
3℃だった。

稚内市開基百年記念塔 一階と二階は稚内市北方記念館 大韓航空機撃墜事件のコーナーです。 大韓航空機事件のあらまし 事件を伝える読売新聞 9人の交換手は自決した ひぐまの剥製 ひぐまの剥製の爪 北防波堤ドーム 日本最北端宗谷岬 旧海軍望楼 宗谷岬モニュメント 土産店柏谷の玄関 土産 土産

稚内公園から見た自衛隊レーダー基地

稚内公園から見たレーダー基地

宗谷丘陵

宗谷丘陵